どうも、転職コンサルタントの桐谷 孝明です。

私はこれまで転職を希望する多くの医師、そして、人材を求める病院やクリニックと接してきましたが、その中で得た知識や経験をもとに、医師の転職とはどういったものなのか、医療施設はどういった人材を求めているのかについて、医療経済実態調査なども踏まえて当サイト内でご紹介していきたいと思います。

これから転職を試みる医師たち、あるいは転職に少し気持ちが揺らいでいる医師たちの一助になれましたら幸いです。

さて、最初に言っておきたいことがあります。
それは、もし「転職」の二文字が少しでも頭に過ったのであれば、転職コンサルタントに早めに相談するべきだということ。
別に、私に相談してくださいと言うつもりはありません。
医師の転職専門の求人サイトの中でもエージェントタイプと呼ばれるサービスには、医療業界や転職に精通したキャリアコンサルタントあるいはキャリアアドバイザーなどが必ず存在しています。

そうしたプロフェッショナルに相談することで、思いがけない恩恵を受けることができるはず。
それは転職希望者にとって当然メリットであり、損をすることはまずありません。

転職コンサルタントに早めに相談することによる最大のメリットは、悩みや不安が一掃されるということです。
自分一人で決定しなければ気が済まないという人は、それでもいいでしょう。

しかし、自分一人で入手できる情報や知識には限界があります。
医師のような優秀な人でもそれは同じ。

コンサルタントは、相談に訪れた医師を冷静に且つ客観的に見極め、キャリアや能力に見合った選択肢を提案するのが仕事です。

転職を希望する医師の大半は冷静に周囲や自分のことを見ることができておらず、思い込みによって選択肢を狭め、応募先や転職先の選択に失敗してしまう傾向がよく見られますが、コンサルタントに相談することで、それを回避することができるのです。

また、我々のようなコンサルタントは医療施設と独自のパイプを持っています。
表に出ない、いわゆる非公開求人も多数抱えており、もしお互いの条件や希望がマッチするのであれば、それを両者に対して惜しみなく紹介します。

この非公開求人もコンサルタントを介さなければ出合うことができません。
また、早めに相談してくれなければ、条件のいい求人は他の転職希望者に次々と渡ってしまうでしょう。
悩んでいる人がいる一方で、思い切ってコンサルタントに相談し、誰もが羨むような非公開求人を手に入れる医師も少なくはないのです。

転職にはそれなりの準備も必要。相談するのが遅れれば、それだけ転職時期も遅れるということ。
それでは時間が勿体無い。

ですので転職しようか迷っている人でも、ぜひ専門のコンサルタントに相談してください。
もし転職すべきではないと判断すれば、それも正直にお伝えします。
転職するにしろしないにしろ、何かの決断が下せるという意味でも、コンサルタントの存在は医師にとって非常に有意義なものとなるでしょう。

その決断のきっかけとなる情報やアドバイスは、早めに得ておくことに越したことはないのです。

転職の目的を見つめ直すことが重要

よくある心構えの話として、転職には「思い切り」や「勢い」が必要だと書いてある媒体が多く見られます。
これは大切なことですし、否定はしません。

しかし、間違った勢いのつけ方で転職に向かってしまうと、高確率で失敗してしまいます。
私も、そうやって転職に失敗した医師たちをこれまで何人も見てきました。

転職の勢いには、いい勢いと悪い勢いがあります。前者は、転職の目的が明確になった上で生み出されるもの。
後者は、今の状況から逃げ出そうとしているネガティブな感情によって生み出されるものです。
言い換えれば、いい勢いは未来志向で、悪い勢いは過去や現状に囚われている、となるでしょう。

転職を希望する医師が必ずしなければならないことは、転職する目的を明確にすることです。
そしてそれは、できるだけポジティブで前向きな未来志向によるものであること。

例えば、「キャリアアップしたい」という思考や感情はとても前向きで未来志向であり、しかし、現在の職場ではそれが叶わないために転職を考えるのであれば、このような人は、転職に成功する可能性は高いでしょう。

キャリアアップの部分は、スキルアップでも収入アップでも構いません。
給与に関することでも、現状に不満を持つより、「自らのキャリアやスキルなどを考えれば転職によって収入が上げられるはずだ」とポジティブな思考になっていれば、それは立派な転職の理由となり、不満や不平ばかりを口にしている人よりも転職の成功率は高まる傾向があります。

似たような理由や目的であっても、ネガティブな志向の人は転職に失敗しやすくなってしまうのです。

ネガティブな理由を抱えていると視野が狭くなります。「とにかく転職したい」という感情が先行してしまい、「転職できるならどこでもいい」という思考が生まれ、吟味せずに転職先を決定しまうことから転職に失敗しやすくなると分析しています。

勤務時間にもっとゆとりを持ちたい、オンコールや残業、当直を避けたいと考えている転職希望者もいるでしょう。
これも既に説明したことと同じで、今の勤務状況に不満を持つよりも、未来志向で考えることを意識しなければいけません。

「今の辛い状況から抜け出したいから転職」ではなく、「規則正しい勤務時間となれば、医師としてのスキルを最大限発揮できるはずだ」という思考に至れば、それが転職する明確な、且つポジティブな理由となります。
転職にも成功しやすくなるでしょう。
参照:http://b.hatena.ne.jp/

私たちコンサルタントも一緒に、転職する目的を明確にするお手伝いをします。
しかし、全く何も考えていない状態では、医療施設を紹介することはできません。
また、ポジティブな思考でなければコンサルタントに不満や不平をぶつけるばかりで、やはり自信を持って医療施設に紹介することができないでしょう。

もしまだ曖昧な目的しか見つけられていない、ネガティブな転職理由になってしまっていると自覚している人は、改めて転職の目的を見つめ直す事が重要です。

転職が成功した人の体験談

私が転職コンサルタントとして担当した転職者のうち、転職が成功した人のお話を幾つか紹介します。
もしかしたら、参考になると感じる人もいるかもしれません。
是非、ご自身の転職活動に役立ててみてください。

体験談その1
(外科医・Mさんの場合)

40代のMさんは外科医からの転科を希望していました。
理由はよくあるもので、体力的に厳しく感じるようになってきたことと
どこか事務的に手術をしているような感覚に陥り、外科医という仕事に情熱を持てなくなってしまっていたことから転職を考えるようになったとのことでした。

本人は内科勤務を希望していましたが、お話を聞くと、収入よりも患者さんと接したい、これまでの経験を生かしたい、やりがいを見出したいという点を強く願っており、それならと産業医はどうかと提案。
ちょうど専属の産業医を探している企業案件を抱えており、経験、意欲ともに申し分ないと感じ紹介。
「考えたこともなかった」とおっしゃっていましたが、仕事内容や企業に関する情報などを伝えると大変興味を持ち、あっさりと転職・入社が決定しました。
病院ではないので当直やオンコールもなく、しかし収入は外科医だった時よりも20%アップと、何の不満もデメリットもない状態で転職に成功。
このままこの企業で働きたいとおっしゃっています。

体験談その2
(内科医・Kさんの場合)

年齢も30代になり、医局の体制に不満を持っていた内科医師のKさんが転職相談に訪れました。
人間関係にも閉鎖的な環境にも辟易しており、もっとのびのびと仕事がしたいと考えていらっしゃいました。

医師という仕事には誇りを持っており、できれば患者さんとしっかりと触れ合いながら仕事に没頭したいとの考えから、紹介したのはクリニックの求人。
内科医としてのこれまでの経験を発揮できるクリニックであり、頑張りが正当に評価される環境であることもあって、Kさんは即決。

クリニック側もその人柄と経験を評価し、うまく話がまとまりました。
人間関係や職場環境をとても気にしていたことから、事前にクリニック内の状況や雰囲気、離職率なども伝え、納得した上での転職です。
年収も大幅にアップし、「もう少し早く相談すればよかった」とおっしゃっていました。

体験談その3
(女性医師・Oさんの場合)

最近増えてきたのが、女性医師からの相談。
Oさんは、結婚を機に転職しようかどうか考えている女性の医師の方でした。

以前勤めていた職場にそれほど大きな不満はなかったものの、将来を見据えると不安が拭えなかったので転職という選択肢が浮かんできたとのこと。

転職コンサルタントとしては必ず転職を勧めるわけではなく「大きな不満がなければしばらくはそのままで」という提案もするのですが、
彼女のケースでは、やがて不満や不都合を抱きそうだと判断し、幾つかの病院の求人を提案。
気に入らなければ転職せずにそのままでよかったのですが、1つとても気に入った病院があったため、見学に行きました。

その病院には保育所もあり、子育てをしながら働く女性医師も多く在籍していたこともあって、その充実した環境に惹かれ転職を決意。
その後妊娠・出産をしていますが、医師としての仕事も続け、現在も理解ある職場でスキルを磨き続けています。