転職に失敗しやすい人の特徴・共通点

残念ながら、転職には成功する人もいれば、失敗してしまう人もいます。
私たち転職コンサルタントがどんなに懸命にサポートしたとしても、すべての医師に対して100%満足のいく転職を約束することはできません。

転職に成功するには、本人の意欲ややる気はもちろん、さまざまな要素が求められるのです。
それがない場合、満足のいく転職をすることは難しくなってしまうでしょう。
ここでは、転職に失敗しやすい人の特徴や共通点を紹介していきます。

もし当てはまるものがあれば、改善や修正を急ぐべき。
そのままでは転職に失敗してしまうかもしれません。

・ビジョンが明確でない

まず一つは、ビジョンが明確でないこと。これは転職に失敗しやすい人が持っている特徴の一つです。

そもそも、ビジョンが明確でなければ求人情報の取捨選択もできないはず。
転職コンサルタントも、どんな求人を紹介すればいいのか適確に把握できません。
仮に転職できたとしても、きっと満足のいく転職とはならないでしょう。

自分は何がしたいのか、将来どうなりたいのか、そういった明確なビジョンを持っておくこと。
それを整理しておかなければ、アルバイトを探す学生と同じような転職活動になってしまいます。

・希望条件が曖昧

希望条件が曖昧な人も、転職に失敗しやすいでしょう。
給与、福利厚生、勤務時間や休日、役職、業務内容など、人それぞれ転職先に求める条件は異なるはずですが、自分は転職先に何を求めているのかをはっきりさせておくこと、これが重要です。

「転職できればいい」という考えなのであれば求人を見つけることもできますし、転職そのものもできはしますが、そのような転職では良質なキャリアを積み上げていくことはできません。

よりよりキャリアを築きたければ、「転職先でどんな仕事をしていきたいのか」というビジョンを持ち、早めに希望条件を明確にしておいてください。

・自分の市場価値を把握できていない

また、転職コンサルタントに相談に訪れる人の中で非常に多いのが、自分の市場価値を把握できていない人。
そのまま転職をすれば、多くの場合は失敗に終わってしまいます。
無駄に転職活動期間が延びてしまうとキャリアを無駄にすることにも直結するため、医師にとっては非常に勿体無い時間を過ごしてしまいかねません。

市場価値とは、自分に対する社会の評価です。
「自分は優秀だ」と思っていても、社会がそれを認めなければ優秀な医師とはなれず、逆に、「自分は腕が足りない」と思っている人も、転職においてはそれが失敗する可能性が高くなってしまう要因となります。
過大評価も過小評価も転職の失敗の元、当たり前の事ではありますが今一度、初心に立ち返ってそれを理解する事が重要です。


自らのキャリアを事前に整理しておく

さて、転職に失敗しやすい人の悪い共通点をいくつか挙げてみましたが、いずれも言ってみれば準備不足の状態ですね。
準備不足のままで転職すれば、自らキャリアを破壊しに行くようなもの。

相談をいただければ我々のようなコンサルタントも転職準備に協力はできるものの、せめて上で挙げたビジョンや希望条件、自分の市場価値については事前に整理しておくと、話もスムーズに進んでいくでしょう。